Posts By kamekiti

indexの表示優先順位の変更

.htaccessに以下のとおり記述すると順番どおりに優先順位を変更できる。

DirectoryIndex index.htm index.html index.cgi

CSSでwindow内にdviを天地左右中央配置

index.htmでオープンまでの簡易ページを作成したときに、
どんなサイズのwindow内でも中央に設置したかったので以下のとおり設定。

<style type=”text/css”>
img {border: 0; }
body{background-color:#521952}
#apDiv6 {
position:absolute;
top:50%;
left:50%;
width:652px;
height:621px;

margin-left:-326px;
margin-top:-320px;
z-index:7;
}

</style>

</head>

<body style=”font-family: Arial, Sans-serif, sans;”>
<div id=”apDiv6″>

<img src=”isaiaopen(s).png” width=”652″ height=”621″ alt=”flagship shop”></div>

DVIをtopとleftから50%の位置に設置し、

widthとheightの半分の数値をマイナスして、
margin-top とmargin-leftを使用してセンターの位置をだす。

wordpressインストール時canonetサーバー設定

canonetサーバーでのwordpressインストール時にエラーが出たため、作業メモ。

canonetのマイデスクから>データベース設定>データベースの作成でwp用のデータベース作成。

その後、「http://www.isaia.com/wp-admin/setup-config.php」にアクセス。
Wordpressの設定ファイルを作成。

ここで先ほど作成したデータベースの情報を入力して進む。
今回のcanonetサーバーの場合は、データベースのホスト名がmysql5f.canonet.ne.jpだった。

インストールの完了後、ログインのボタンを押すとエラー。
「アクセス権限がありません。URLを確認してください」の表示。

原因はwordpressのバージョン4以降でインストール時に作成されるようになった.htaccess。
パーミッションを600から604に変更して。無事にアクセスできるようになりました。

くるまっちvol.02

くるまっちのワークショッププログラムを、グループワークとして発展させていったvol.2。
会場も抽象的な街のようにグリッドで区切り、一部が黒板や工作用の材料、プロジェクションスペースとしてワークショップの中に溶け込んでいくようにした。

図画工作の時間

Gallery fu do kiで行われた作家の山中とみこさんの企画展「図画工作の時間」の1階の展示レイアウトと、山中さんの携わるモノや場所の写真をもとに構成した映像を作成させていただきました。

GSK

調布にある飲食店の内装を行いました。コミュニケーションを大切にするオーナーさんとスタッフさんたちがお客様と接するカウンターをメインに場所をつくっていきました。

くるまっち

『クルマ「と」考える。クルマ「で」学ぶ。』をテーマに、ワークショップの制作からお手伝いさせていただいた「くるまっち」。
自分がくるまになって、未来の自分や社会について考えるワークショップ。デジタルとアナログを交えながらペーパークラフトのくるまになった自分を作り上げていきます。会場はくるまになった自分が街へと飛び出していけるように、会場内全体に道路を張り巡らせました。

olioli

敷地は栗林とキウィ棚に囲まれた場所で、建物が立つ前はここにもいくつかの栗の木が植わっていた。
栗の木が点在する畑の中には、木陰や葉の茂り具合、下草の延び具合によって密度の異なる隙間が生まれており、 木々の間を散策すると、ぽっかりと日当りのよい広い場所ができていたり、向こうの道路を散歩する人が枝葉の間から透けて見えたり、キウィ棚の下を抜けてくる涼しい風が感じられたり、木々の間の魅力的な場所がいくつも見つけられた。
建物の中にもその魅力的な場所が取り込めればと思い、建物の中にどうしても必要となるプライベートな場所(個室・仕事場・お風呂)などを外の栗の木と同程度の小さな箱を構造家と相談しながら、程よい距離感をもって点在させていった。小さな箱にはいくつかの開口が開けられ、家族との間の繊細な境界となり、お互いの存在が見え隠れするようにした。箱どうしの隙間は小さな別の空間になったり、まとまった大きなリビングになったりして、いろいろなスケールを感じさせてくれる。木々の間を移動する時のように、ゆるやかに分節されたひとつらなりの空間となった。

KMI現場05

内装作業もだいぶ進んできて、残すところ電気・設備と玄関周りの壁、細かい修正作業だけとなりました。

KMI現場03

YHK

2人の子供が独立した夫婦が、
今後の2人での生活を楽しめるように少しずつマンションのリフォームを行っている。
YHKはキッチン・リビング周りのリフォームで、
奥さんの家事仕事を楽しみながら行いたいという要望から、
キッチンのシンクをリビングの窓に向けて配置したL型キッチンにした。
10階以上のマンションのリビングからは、遠くまでを見通せる景色が広がり、
食器洗いも気持ちよく出来るようにしたいとの要望からこのような配置となった。

YH

YH

マンションの一室のリフォーム。仕事を終え、自宅での生活の時間が増えた男性のための趣味の部屋。大切なものが人生を経て増えてきたので、壁に面した部分には多く収納を設けた。収納の一部にベッドも備え付け、自由に使えるスペースを広めに取れるようにした。

Facebookページを作成しました。

2010年に独立して仕事を始め、最初のHPを作成しました。
その後、ようやくHP をwordpressで再構成し、Facebookのページも作成致しました。

KMI現場02

 

 

KMI現場01

KMI模型

MGH

Solferino